本文へスキップ

ふじのクリニックは高脂血症、脂質異常症などの診療を行う、福岡市天神のクリニックです。

電話でのご予約・お問合わせはTEL.092-771-8960

〒810-0001 福岡市中央区天神2-14-8 福岡天神センタービル5F

高脂血症(高コレステロール血症)/脂質異常症Hyperlipemia

  1. トップページ
  2. 病気の話
  3. 生活習慣病
  4. 高脂血症/脂質異常症

高脂血症(高コレステロール血症)/脂質異常症

高脂血症|脂質異常症|内科|消化器内科|循環器内科|ふじのクリニック|福岡

高脂血症には、高コレステロール血症(LDLコレステロール>140mg/dl)と高トリグリセライド血症(中性脂肪>150mg/dl)があります。最近では、高脂血症と、低HDLコレステロール血症(<40mg/dl)を合わせて脂質異常症と呼ぶようになりました。コレステロールはそのままでは血液に溶けないので、特殊な蛋白質がくっついた「リポ蛋白」という形で血液中に存在します。
HDLコレステロールはリポ蛋白うちの一つであり、血液中の余分なコレステロールを肝臓に運んで血液中のコレステロールが増えるのを防いでいるので、「善玉コレステロール」と呼ばれています。一方、LDL-コレステロールは、コレステロールを体の細胞に運んでいます。細胞内で必要以上にコレステロールが増えると血管を硬化させ動脈硬化を助長するので、LDLコレステロールは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。


高コレステロール血症

正確には、高LDLコレステロール血症のことです。LDLコレステロールが高いと、狭心症や心筋梗塞などのリスクが高くなります。コレステロールが高くなる原因には、体質(家族性)、脂肪の多い食事(食生活の欧米化)、運動不足などがあり、男性は40〜50歳くらいから、女性は閉経の頃から高くなることが多いようです。


高トリグリセライド(中性脂肪)血症

食べすぎ、飲みすぎ、あるいは高カロリー食品(甘いものや脂肪分の多い肉類など)の摂り過ぎによる慢性的なカロリー過多が第一の原因です。アルコールの飲みすぎは、中性脂肪を増やしやすいので要注意です。糖尿病に合併することも多いですが、その場合は血糖コントロールが改善すると中性脂肪も下がります。


低HDLコレステロール血症

HDLコレステロールが減ってしまう原因として、運動不足、肥満、喫煙などがあります。禁煙したり有酸素運動(高血圧症の項を参照)を継続して行うとHDLコレステロールは増加しますが、上昇幅は5〜10mg/dlほどで、LDLコレステロールのような大幅な改善は期待できません。


脂質異常症では、食事の見直しが重要です!

LDLコレステロールを減らしHDLコレステロールを増やすには、動物性脂肪が多い肉類を減らして魚介類や大豆製品を多めに摂るのがお勧めです。脂肪分はカロリーが高いので、油を使った料理(天ぷら・フライ・炒めもの)は控えた方がよいでしょう。お菓子・ジュース類の摂り過ぎや、夜遅くの食事、休肝日なしの飲酒習慣、スナック菓子の「ながら食い」などは禁物です。一方、野菜・果物・豆・きのこ・芋・海藻などに多く含まれる食物繊維は、LDLコレステロールを減らすのに役立ちます。野菜・きのこ・海藻類は毎食2〜3品、果物・豆類・芋類は1日1回を目安に食べるようにしましょう。


LDLコレステロールを下げるには、スタチン系の薬が大活躍!

食事療法や運動療法でもLDLコレステロールが下がらない時には、コレステロール合成阻害薬であるスタチン系の薬剤がよく使われます。スタチンの内服により、LDLコレステロールは20〜50%低下します。LDLコレステロールをどこまで下げるかはそれぞれの患者さんの状況次第ですが、目標値が70mg/dl以下と最も厳格なのは心筋梗塞や重症狭心症の患者さんです。強力なスタチン(ロスバスタチン・アトルバスタチン・ピタバスタチンなど)を使えば大半の場合、LDLコレステロール<70mg/dlも達成可能です。スタチンの効果が不十分な場合は、コレステロール吸収阻害薬(エゼチミブ)の追加が効果的です。それでも効果不十分であれば、注射薬(PCSK9阻害薬; LDLは20〜30mg/dlくらいまで劇的に下がります)もあります。
高トリグリセライド(中性脂肪)血症では、フィブラート系の薬剤がよく使われます。


生活習慣病の種類

生活習慣病
高血圧症 糖尿病 高脂血症
(高コレステロール血症)
/脂質異常症

ふじのクリニックふじのクリニック

〒810-0001
福岡市中央区天神2-14-8
福岡天神センタービル5F
TEL 092-771-8960
FAX 092-725-6310